ブログ

チワワについて

歴史 世界で最も小さい犬で、メキシコのチワワ州にちなんで名づけられました。ここから旅人たちによって運ばれ、世界中の人々に知られる存在になったのです。コロンブスによるアメリカ大陸発見以前、大陸の原住民にとってチワワは神聖な存在でした。おそらくチワワは北米原産の犬種のなかでも最も古い歴史を持っています。体重が1kgにも満たないような、本当に小さなワンちゃんが珍重されます。人の手のひらの上に4本の脚で立つことができるほど、小さなチワワもいるのです。毛が長い種類もいて、別に扱われますが基本的には同じ犬種です。経済的で飼いやすい家庭犬として、人気がある犬です。 特徴 アップルドームといわれる丸い頭に、鼻先が短くつんと突き出したかわいらしい犬です。丸くて大きな目は深い色で、深いルビー色や明るい色の場合もあります。トレードマークの大きな耳は、ピンと立っています。子犬の頭のてっぺんには柔らかい部分があり、これを「モレラ」といいます。この骨の間の溝は通常成犬になると閉じていきます。胴体はたくましくて細長く、尾は背中や体に向かって、鎌のようなカーブを描いています。ほとんどが短毛ですが、長いものもいます。毛は砂や栗、鹿などのような茶色っぽい色、銀色や鋼鉄のような青っぽい色などがあります。もちろん黒と褐色などのまだらになっている場合もあります。見た目はか弱い印象ですが、実際は丈夫で、背中の線はぴんと伸び、まっすぐ伸びた脚はしっかりと地面を踏みしめています。 飼育のポイント チワワは、子どもと遊んでいて噛むことがあります。体が小さく逃げ足の遅いチワワは身を守るために、その鋭い歯に頼ってきたのです。寒いのが苦手で、凍えてしまうことがあるため、寒い時にはセーターを着せても嫌がらないどころか、むしろ喜びます。また、キャンキャンとうるさく吠えることがあります。しっかり運動も必要です。小さいからスペースも必要ないと考えてはいけません。トイレトレーニングには根気が必要なことも。多くの飼い主が紙の上でトイレをさせるようにしつけています。鼻が短いので、すぐにゼーゼー言ったり、いびきをかいたりします。特徴的な目は、角膜が乾燥しやすいため緑内障になることもあります。その他にも、膝蓋骨脱臼、歯肉病、寒さ、ストレス、リューマチなどには注意しなくてはいけません。とくに、有害物質、肥料、チョコレートなどをなめたり食べさせたりすることは厳禁です。太りやすい体質なので、食事は軽めに与えましょう。子犬のチワワの頭は大きいことが多く、出産には腕のある獣医による帝王切開が必要になる場合もあります。また、他の犬に対してケンカを仕掛けることのないように、子犬のうちから慣らしておく必要があります(チワワは同種の犬はよくても、他の犬種とは仲良くしないということが時々あります)。 性格 家庭で飼うのに適していますが、大胆でちょっと生意気なところもあります。踏まれないようにすばやく動きます。意志が強く人の言うことによく従います。人になつきますが、人にかまってほしがる気持ちも強い犬です。知性もあり、飼い主や縄張りを守ろうとする気持ちにあふれています。的確でやさしくほめられるしつけには一生懸命に答えます。他の犬と一緒にいても、ほとんど問題はありません。

シーズーについて

歴史 ライオン犬の別名を持つシー・ズーは、17世紀に中国に渡ったチベタン・ラサ・アプソと中国原産のペキニーズの交配から生まれたといわれています。やがてシー・ズーは中国の宮廷で愛でられるようになりました。シー・ズーは非常に尊ばれた犬だったので、中国が西欧と貿易を始めたのちも、長い間中国人たちは西洋人にこの犬を売ったり贈ったりすることを拒否していました。1930年になって初めて、最初のつがいが英国に輸出されます。シー・ズーは1946年英国で公認され、アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)の登録犬種となったのは1969年のことでした。今日ではシー・ズーはコンパニオンドッグ(伴侶犬)としても、すばらしいショードッグとしても非常に人気があります。 特徴 小さいながらもがっちりした犬でラサ・アプソに似ています。ウールのようなアンダーコート(下毛)の上に長いオーバーコート(上毛)が重なった豊かなダブルコートの被毛に覆われています。鼻の上の毛は上向きに生えていて「菊の顔」を形成しています。頭は丸く、豊かなあごひげと口ひげがあります。マズル(鼻口部)には短い毛が生え、鼻は黒(茶褐色の犬の場合は同色の鼻になります)。ストップ(両目の間のくぼみ)はくっきりしています。丸い大きな目は広く離れています。目の色はほとんどの犬が暗色ですが、茶褐色やブルーの犬の場合は明るい色になります。垂れ耳は毛に覆われて体の被毛に埋もれているように見えます。歯はレベル・バイト(上下の歯がぴったりと合わさっている噛み合わせ)かアンダーショット・バイト(下顎が上顎よりも突き出している)でなければなりません。背線は平らで、体長はキ甲(肩間の背の隆起)の高さよりやや長くなっています。狼爪を切除することがあります。羽のような豊かな尾はカールして背にかぶさっています。あらゆる毛色が認められていますが、額、尾の先に白色があるのが望ましいとされています。 飼育のポイント トイレのしつけが大変かもしれません。息をぜいぜいいわせたり、いびきをかく傾向があります。血統によってかかりやすい病気は耳、目、呼吸器の疾患。膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬です。暑さは苦手です。長く密生した被毛にはこまめなグルーミングが必要。ペットとして飼うなら、手入れしやすいように短くトリミングする方法もあります。太りやすいので食事を与えすぎないようにしましょう。暑い時にジョギングのお供をさせないでください。犬が前を見る邪魔にならないように頭頂部の長い毛をお団子結びにしておくことがよくあります。シー・ズーはとても人気のある犬種です。需要を満たすためにいい加減な繁殖が行われがちですので、信頼できるブリーダーから譲ってもらいましょう。 性格 押しが強い愛嬌者。傲慢で誇り高い性格。機敏で勇敢。忠誠心の強い犬です。友好的。楽しいことが大好き。遊び好きで活発。いつも人といたがります。頑固な面もありますが、トレーニングには従います。おどかされた場合やイラついている場合はすぐ噛みつきます。

キャバリアについて

歴史 長い間、英国王室のペットであったキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、国王チャールズ2世にちなんで名づけられました。チャールズ2世は2頭のキャバリアを飼っていて、その足元には2頭のうちの1頭が必ずいたということです。王は、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが国会議事堂を含むあらゆる公共の場に受け入れられるようおふれを出しました。この小さなスパニエルはジェームズ2世にも飼われ、ワトー、ゲインズボロ、ヴァン・ダイクなどの絵画に描かれています。ウィリアム王とメアリー女王の統治下で、このスパニエルはパグとかけ合わされ、その結果、顔の形がすっかり変わり、平たいマズル(鼻口部)、後頭部がドーム状の頭蓋、丸い出っ張った目になりました。この混合の結果生まれた犬種はイングリッシュ・トイ・スパニエルと呼ばれています。1920年代、ロズウェル・エルドリッジ氏はオリジナルタイプの古いスパニエル、つまり顔が長く、ドーム状でない頭蓋と出っ張っていない目を持つ犬を募って賞を与えることにしました。この運動と注意深い繁殖の結果が現在のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとなりました。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはアメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)のトイ・グループに1996年登録されました。 特徴 美しい小さなスパニエル犬で、暗色の優しい表情ゆたかな丸い目をしています。目の下のたるみがこの犬に特徴あるやさしい表情を与えています。長い耳は豊かな飾り毛が生えています。体はトップラインレベルでの体高よりやや長めです。シザーズバイト(上歯が下歯にややかぶさるはさみ状の噛み合わせ)のほうがよいとされています。尾は元々の長さの3分の2以上を残す形で断尾されることがあります(ただし多くの飼い主は断尾を行いません)。つややかな被毛は、軽くウェーブしていることもあり、色は単色のルビー、ブラック&タン(黄褐色)、トライカラー(黒、タン、白の3色)、ブレンハイム(パールがかった白地に濃い栗色)です。ブレンハイムの犬には、耳の間の頭頂部にクリ色~赤の斑点が入るのが望ましいとされていますが、不可欠ではありません。胸、耳、脚、足には飾り毛がなければなりません。大きなオスは体重が約10~11kgに達することがあります。 飼育のポイント 人間が好きなこの犬は、たくさんかまってやらないと幸せになれません。一日中ひとりで放っておいてはいけません。猟犬の血を引いているので、広々した屋外ではしゃぐのが大好きです。獲物を追いかける本能があるので、迷い出たり飛び出して車にひかれたりしないよう、囲いのある場所にいさせるか、つないでおきましょう。耳の飾り毛はからまったり固まったりしやすいので、こまめに念入りにグルーミングしてあげましょう。足の肉球の間の毛はトリミングし、耳は定期的に掃除してあげましょう。太りやすい犬種なので食事を与えすぎないでください。キャバリアは暑い気候は苦手です。血統によっては遺伝病として心臓の僧帽弁の病気で(深刻な心臓疾患)が出て、若くして死んでしまうことがあります。 性格 熱情家で、愛情深く、いつもご機嫌に尻尾を振っています。このやさしい小型犬は人を喜ばせるのが大好きでおだやかな服従訓練によく応じます。生来の行儀のよさを備えています。

犬を飼うことについて

犬は良く懐き、従順です。他のペットにはない関係がきずけます。 犬を飼う前には楽しい幸せな時間を想像しますが、楽しい事ばかりでは有りません。 ・共に生活するために良くこちらの意見を聞いてもらえるように躾をしなければなりません、犬種により云々と解説を書かれている物がありますが間違っている訳ではありませんが、人間にも個性がある様に犬にも個性があります、同じ犬種でも性格が荒かったり穏やかだったり、子犬の時は穏やかでも、成犬になり無駄吠えをするようになったり、噛みグセが出たりします。その様な時に、辛抱強く躾なければなりません。噛みグセのある犬の場合、他人を噛んで傷つけてしまう事が有ります、その様な場合は、相手の方への慰謝料を支払はなければならない場合もあります。言う事を聞いてくれないからと捨ててしまう訳にはいきません。 ・毎日、散歩に付き合えますか、散歩をしない飼い主さんもいますが、基本的には散歩させてストレスを発散させることが良いと思います。庭が広く、走り回れるのであれば必ずしも散歩が必要と思いませんが、その様な条件が無いご家庭では、散歩をします。雨の日も、寒い日でも散歩に付き合います。数十分から1時間位は毎日散歩します、自分の都合で行ったり行かなかったりは出来ません。散歩が嫌いな犬もいる様ですが基本的に散歩が好きだとおもいます。 ・最近は大型犬も家の中で飼われている人もいますが、家の中は汚れる事を覚悟しなければなりません、当然、掃除をマメにしなければなりません、毛の始末、トイレや体臭の始末、家具などの足をかじったり壁を引っかいたり清潔に保っのは不可能なくらいに汚されることを覚悟しなければなりません。 ・自分の時間も制限されます、たまには2~3日旅行したいと思っても犬を飼っていると制限されます、預かってもらえるペッショップ等がありますが、1日預かってもらうのに5千円位かかります。それ以下の預かり料金の所もあると思いますが、制限されること見えない出費がかかる事を覚悟しておく必要があります。 ・犬も病気になります、治療費用は、結構な出費になります、時に数日間通わなければならず、そのたびに万単位の治療費がかかります、月のトリミング、毎年の狂犬病予防、フィラリア、その他の害虫の予防薬、勿論、ドックフードはピンキリですが、月に数千円~2万円位の食費が掛かります。 ・そして一生ずっといられれば良いですが、私たちより先に旅立ちます、数年~十数年一緒に過ごしたことを忘れない事を約束しなければなりません。 いろいろとデメリットを覚悟しなければならない事をつらつらと書きましたが、それでも犬を飼うのは楽しい多くの時間をもらえます。    

ドッグファーム比企ブログ

ドッグファーム比企スタッフのブログです。

安心保証

専属獣医の指導により健康管理に充分注意し育てています。

チャンピオン犬

JKCのドッグショーにてチャンピオンであることを証明されています。
交配については、このバナーをクリックしてください。

里親募集

ドッグファーム比企で育った子犬を、家族として暖かく迎えてくださり、大切に育てていただける方からのご連絡お待ちしています。

ドッグファーム比企(埼玉県東松山市)まで迎えに来て下さる方、一度お電話にてご相談下さい。

販売ではありません。

大切にかわいがってくれる方に無料でお譲りしますが、血統証の発行手数料とワクチンの費用は頂きたく申し上げます。

PAGETOP
Copyright © ドッグファーム比企 All Rights Reserved.